2007年02月26日

見えない糸

見えない糸見えない糸
池波 麗
文芸社 2005-12


大阪夏の陣で死んだ豊臣秀頼や本能寺で死んだ織田信長が実は死なないでその後も生きていたという伝説や仮説をもとにした歴史小説。このなかの見えない糸で結ばれている兄弟たちは織田信長の姉市と浅井長政との間に生まれ豊臣秀吉の側室なる淀殿とその妹弟が戦国の世を生き抜いた姿を分かりやすい文章で表していて面白く読む。それにしても一家族ばらばらになり人質として複雑な生涯をいきたこの時代の女性の強さや哀れさも感じる。織田、豊臣、徳川と天下が変わる中での淀殿兄弟の不思議な部分がどの小説にもロマンをよぶ。淀殿と弟幼名万菊丸の出会いがあるのか。作者「池波 麗」さんは大谷女子大学文学部で学んだ人で1982年生まれた。まだ若く病院に勤務する傍らこの時代小説を書いた女性だ。今後の作品にも期待がもてる。


posted by メナモミ at 18:26| Comment(29) | TrackBack(10) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。