2007年01月24日

安倍晋三 安倍家三代

4198618577安倍晋三 安倍家三代
大下 英治
徳間書店 2004-05-31

この本は3年前安倍晋三が自民党の幹事長に3回の当選でなった時かかれたものである。安倍晋三とは多くの人が政界のプリンスとの認識が強い。父は安倍晋太郎で総理大臣経験の岸信介は祖父。佐藤栄作は伯父にあたる。だが毛並みの良さだけではそんなに早く出世はできない。いまや総理大臣になった彼はいったいどんな人なのだろうという興味に答えてくれる。子供の頃のエピソートや神戸製鋼所社員時代の事。父部慎太郎の秘書時代のこと。外務省があまり働けず票にもならない北朝鮮拉致事件に当初から関与し一環した強い姿勢で問題解決にあたる姿勢が国民の人気を呼び選挙に勝ったことが今の彼の地位を築いたともいえるし、父や祖父の遺産が他の国会議員の協力を得やすいことも見逃せない。日本国憲法を改正し世界貢献できる自信の持てる日本を目指す。彼が軸のぶれない信頼できる政治家として期待されている。安倍晋三 ブログ 本
posted by メナモミ at 19:09| Comment(0) | TrackBack(1) | 経済・経営 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

次世代情報検索ポータルサイト「フロンティア」
Excerpt: 次世代情報検索ポータルサイト「フロンティア」
Weblog: 次世代情報検索ポータルサイト「フロンティア」
Tracked: 2007-01-25 09:11
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。